スペックエンジニアリング




注:料金表示は全て税別価格となっております。


アフターサービス ホイール下取り


>>ボルトオン加工とは?
溶接や切断などの大幅な加工を必要とせず、「ボルト留め」で搭載や交換が出来ると言う意味です

現在お持ちのホイールを宅急便で弊社へお送りいただければあなたの愛車に無加工で装着できるようにセットアップいたします

愛車のノーマルの前後ディスク及びキャリパー、サポートなど加工や交換することなくそのまま装着可能となります

■純正流用ホイールキット 装着画像

・どのようにしてたのめばいいの?⇒ ボルトオン加工についての説明
こうしてホイールが出来上がる!!⇒加工の全工程へ
・GPZ1000RX 特有の注意事項です⇒必ずお読み下さい

注意:ベアリング脱着や機械による切削作業等を伴うため、ホイールに傷などが入る場合がございますので予めご了承ください。



KAWASAKI 流用ホイール加工 共通価格(税別)  
フロント:¥28,000
 リヤ:¥28,000


納期:火曜日までに入荷した物に関しては、原則その週末に出荷します。



フロントホイール装着に必要な部品
メーターギア
(加工が必要です)
弊社で用意する場合 ¥6000
お送り頂いた場合 ¥0
※メーターギアをご確認ください

リヤホイール装着に必要な部品
530チェーン&
スプロケセット
スプロケットセットスプロケットセットチェーン
530コンバートチェーン
530フロントオフセットスプロケット
530リヤスプロケット
¥34500
530リヤスプロケット
(既に530サイズに
交換されている方)
スプロケットセット
530リヤスプロケット
¥9000



ホイール加工 オプション (下記の基本料金にプラスされます)
塗装したい方 パウダーコーティングパウダーコーティング

価格はこちら
修正が必要な場合 ホイール修正 ホイール修正

価格はこちら

ハブをお持ちでない方 ハブ パウダーコーティング済みリビルドハブを弊社でご用意致します。 価格はこちら



ホイール加工可能なホイール一覧
フロント3.50−17  リヤ4.50−17  (タイヤはフロント120 リヤ160)

◆ZZR400K

◆ZZR400N

◆ZXR400
フロント3.50−17  リヤ5.00−17  (タイヤはフロント120 リヤ170)

◆ZRX1100

◆GPZ1100
※リヤホイールはブレンボ2POTキャリパーと干渉するためホイール側もしくはキャリパー側の加工が必要となります
フロント3.50−17  リヤ5.50−17  (タイヤはフロント120 リヤ180)

◆ZZR1100C

※リヤホイールはブレンボ2POTキャリパーと干渉するためホイール側もしくはキャリパー側の加工が必要となります

◆ZZR1100D

◆ZXR750

ZZR1200 / ZRX1200
要オフセットトルクロッド
+\5000

◆ZX-9R(〜97)
 







GPZ1000RX ホイール加工 ※センタースタンド併用可能 

※ホイール加工の場合はパウダーコーティングはされません。
ご希望の場合は別途加工料金がかかります。


■注意事項■
車高の補正について
●フロントはノーマルが16インチでもタイヤの扁平率が大きい為17インチ化してもタイヤの外径は変わらないため、車高の補正は不要ですのでFフェンダーとタイヤのクリアランスも変に大きくなり隙間が開くことはありません。
●リヤは17インチ化する事により、タイヤの直径が650→630ミリへ小さくなりますので10ミリ車高が下がります。
エキセントリックを反転しますと純正の状態から20ミリ程度上がりますので17インチ化で失われた10ミリを差引いてノーマルより10ミリ車高が上がります。
詳細はこちら
前後ディスクについて
ホイールキット及びボルトオン加工共にノーマルのFフォーク、スイングアームを装着でき、ノーマルの前後ディスク及びキャリパーが何も加工する事なく装着可能です。
フロントディスク大径化について
●ノーマルキャリパーは使用できませんブレンボ40ミリピッチキャリパーが必要となります
ボルトオンフロントホイールは基本的にディスク面に変更を加えず、ディスクアダプタといわれるもので、GPZ1000RXのノーマルディスクに対応させているので、アダプタを取り外した後、そのホイール用の大径ディスクを装着すれば、フロントディスクの大径化も可能になります。(別途キャリパーサポート等が必要です。)
チェーン、スプロケットの530コンバートについて
GPZ1000RXはもともと630という大きなチェーン、スプロケットのサイズが純正で装着されていますがすでに630チェーン、スプロケットも生産がほとんど行われていない為、いざ購入するとなると価格は530の物と比べてかなり高価である上、納期が大変長く掛かってしまうという大きなマイナス面を持っています。

そこで登場するのがドライブチェーン、前後スプロケットの530コンバート化についてです。現在ではZZR1400やハヤブサなどのメガスポーツに採用されている為、フリクションが少ない上、
軽量で強度、耐久性は充分にあります、その上納期も早く価格も安いというメリットが多くあります。




Copyright © 2001-2012 SPEC ENG. All Rights Reserved