スペックエンジニアリング






アくセル操作の右手とエンジン回転が直結!!
加速Gが右手の動きひとつで思いのまま!


FCR ボルトオンフルセット 

標準仕様の画像
FCR本体はシルバー、スピゴットはブラック、
アイドルスクリューステイ(ステンレス)付属
画像にはありませんが、燃料フィルター、燃料ホース、
純正コックが使用可能な負圧ホースが付属します
■主な特長
・スロットル作動部にベアリングを内蔵しているため、レーシングキャブに
ありがちなスロットルの重さが少なく、軽い操作感を実現

・低回転から高回転までの到達スピードが速く、コーナー脱出から軽やかに
加速し右手の動きにダイレクトに反応する楽しさを感じて頂けます

・通常のレーシングキャブレターではほぼ不可能なUターンなどの
アイドリング付近の低回転時での微妙なアクセルワークにも忠実に
対応する優れた柔軟性と安定性を有しています

・同じく通常のレーシングキャブレターが最も苦手とするバイパスや
高速道路での長距離一定走行でも全く不具合を発生することなく
むしろその状況では燃費向上まで実現する安定性を持ちながら
同時に確実なパワーアップとレスポンスアップを図れる、
相反する2つのことが可能になる唯一のキャブレターです

・当社にてボルトオンセッティングを行うことで 季節毎にいちいち
セッティング変更することなくオールシーズンを通じて安心して乗って
頂くことができます
※以下に説明を記載しておりますので目を通してください

■キット内容
標詳細画像はこちら ・FCR本体
・純正の燃料コックが使用できるよう 負圧ホース取り出し加工済
・フューエルホース&フューエルフィルター装着済
・アルミ削り出しファンネル×4個(標準はポリッシュ)
・ステンレス アイドルストップスクリューステイ

※車両に合わせてセッティング済みで納品されます。

※セッティングキット、エアフィルターは別売りになります。



■FCRボルトオンキット ※セッティングキット、エアフィルターは別売になります。 
商品名 対応車種 品番 FCRボルトオンKIT
税込価格
※2015.7月より価格改定しております
FCR φ37 ボルトオンキット シルバータイプ GPZ900R 30379 ¥247,500
FCR φ37 ボルトオンキット ブラックタイプ 30380 ¥275,000
FCR φ39 ボルトオンキット シルバータイプ 30381 247,500
FCR φ39 ボルトオンキット ブラックタイプ 30382 ¥275,000
FCR φ37 ボルトオンキット シルバータイプ ゼファー1100   31936 247,500
FCR φ37 ボルトオンキット ブラックタイプ 31937 ¥275,000
FCR φ39 ボルトオンキット シルバータイプ 32851 247,500
FCR φ39 ボルトオンキット ブラックタイプ 32852 ¥275,000
FCR φ33 ボルトオンキット シルバータイプ ゼファー750 30383 ¥286,000
FCR φ28 ボルトオンキット シルバータイプ ゼファー400/χ 31754 ¥286,000
FCR φ33 ボルトオンキット シルバータイプ ZRX400  31753 ¥308,000



■オプションパーツ  品番  税込価格
スポンジ式エアフィルター
 30385 ¥13,200
アルミ削り出しファンネルのカラーオーダー料金
(ご指定のない場合ポリッシュにて納品されます)

レッド 30388 ¥5,500(1台分) 
ブルー  30387
 ブラック  30386
 ゴールド  32850
セッティングキット
 メインジェット、スロージェット、ジェットニードルのセット 
 30384  ¥13,200


■オプション作業
 作業内容 及び 効果  品番  税込価格
マフラーリストラクター装着
エキパイおよび集合部へリストラクターを装着施工することで
アクセルの開けはじめの力感の向上、低中回転の加速感の向上
及び燃費向上が見込め、始動性やアイドリング時の落ち着きももたらします
 31938 ¥27,500


年中通してセッティング不良に陥ることの無い当社のセッティングが外れる状況

当社のセッティングは基本的に春夏秋冬 の季節に関係なく、そして晴れ、曇り、雨、の天候に関係なく一年中
きちんと運転できる状態にセットアップされていますので外的要因に左右され走行不能に陥る事はありません。

しかし以下の状況下では変化を感じる場合や不調に陥ることがありますのであらかじめご了承ください。

〇アイドリング~3000回転程度の回転域でアクセルを急に大きく開ける操作はおやめください。
純正の負圧開閉式キャブレターと違いレーシングキャブレターは強制開閉式となっています。
そのような操作自体が適切ではなく、エンジン自体にも決して良いものではありません。
純正負圧キャブレターでは上記の操作は可能ですが(手元のアクセルを急に大きく開けても
キャブレター内部ではスロットルバルブはほんの少ししか動いていない)レーシングキャブレターでは
そのような無理な操作に対応するものではありません
〇外気温が5℃以下でのエンジン始動時に手こずることがあります。同じく5℃以下の状態だと始動後走行可能
になるまでの暖機運転に時間を要します

〇標高が1000mまでは変化はありませんが1000mを超える高さから以下の変化が発生します
アイドリングが少し不安定となり、パーシャル時の回り方に湿りっけが出ますが走行不能になることはありません
〇外気温度1℃~3℃で川から湯気が立上がっている場所を走行中アイドリングと低回転域で不調に陥ることがあります
これはアイシング現象といって発生したら走行不能になる可能性がありますが、エンジンを止めて5~10分程度
キャブレター内部に張り付いた氷が溶ける時間を設けると何事もなかったようにまた普通通りの状態に戻ります
(この現象は外気温度1℃~3℃程度の冬場に小さなアクセル開度で一定走行中に以下の地域や条件下で
起こる可能性があります。 河川の多い地域、湖や湿地帯があり盆地で湿度がこもりがちな地域、
湿度が高く湯気が立ち込めた高速道路の2~3㎞に及ぶ長いトンネル内)



■ご購入 ※車検対策や、セッティングなどについてこちらをご覧下さい。
・装着状態で車検取得するには
ファンネル部分にスポンジ状フィルターやパワーフィルターを装着する必要があります。
またエンジンからノーマルエアクリーナーBOXにつながっているブローバイガスのホースを
キャブレターの吸気口へ導入する必要があります。

・スロットルケーブルについて
スロットルケーブルについては純正のケーブルでも使用可能です。
ハイスロットルタイプのものへ交換する必要はありません。

・納品状態について
当社から納品させていただくFCRはその車種用にセッティングされていますので
最初の取り付け時点でお客様の車両に合わせてスロー系の微調整を行って、
ニードルの段数微調整を行えばほぼ四季を通して使用できるようになります。
ただ、真夏の暑い最中と真冬の気温が下がりきる季節のみスロー系の調整と
場合によってはニードルの調整が必要となります

・調整方法について
調整の方法ですが、
夏は燃料を絞る方へ、冬は燃料を多くする方向へ調整します。
スロー系はエアスクリューを回転させて調整し、
ニードルはクリップの段数を変更するか、
ニードルのストレート径を1サイズ大きくしたり、細くしたりする事で調整します。
上記内容の調整により、一年を通じて快適に運転することができるはずです。
又、セッティングと調整に関係なく半年に一回程キャブレターを清掃すれば
より良いコンディションで運転する事が可能です。

・メンテナンスについて
※1年に1回キャブレターの洗浄をお勧めします
※スポンジフィルターにオイルの塗布をしないで乾式にてご使用ください
※スポンジフィルターは2年に1回の交換をお勧めいたします



Copyright © 2001-2015 SPEC ENG. All Rights Reserved