スペックエンジニアリング






TOPページ > GPZ900R(A7~) > ビッグラジエターキット
 

ビッグラジエターキット




ビックラジエターキット レーシングタイプ 装着例


ストリートタイプ
・ラウンドオイルクーラー
・アクティブ ダウンチューブ

レーシングタイプ
■主な特徴

●GPZ900Rに装着されているあらゆる
カスタムパーツにも対応するように作られた
完全ボルトオン設計のラジエターキットです。


●ノーマルのオイルクーラーにもアールズや
プロト、アクティブなどの社外のオイルクーラー
にも対応しています。


●各メーカーのダウンチューブにも全て対応!!
(アクティブ、サイドワインダー、ナイトロレーシング)

●4-1マフラー、4-2-1マフラー、
ノーマルマフラーにも、ほとんど全ての
マフラーに対応!!

■キット内容
●ラジエター本体(シルバー)
(ファンマウントステー、オイルクーラーマウントステー、アッパー、ロアホースなど周辺部品込み)
●ラジエターネット
ホーンステイ移設キット



  タ イ プ 別 の 特 徴
ストリートタイプ レーシングタイプ
・1000cc以上の排気量アップは考えていない方
・大きすぎるラジエターは見た目的にチョット・・・という方
・1000cc以上の排気量アップをお考えの方
・900ccの排気量でもOKです。
ノーマル排気量
1000ccまで
1100cc以上
※ストリートタイプ、レーシングタイプ共に サーモスタットが付いている為オーバークールすることはありません

基本ラインナップ    
セット内容 品番  税込価格 装着イメージ
ビックラジエターキット
冷却効果抜群のラジエター(ストリート/レーシング)のボルトオンキット
ストリート
 ストリート
30424
¥154,000
ストリートタイプ
 レーシング
30959
基本セット
ラジエターキット(ストリート/レーシング)に高性能クーラントと水温安定化サーモスタットをセット
ストリートサーモスタットクーラント
 ストリート
30425
¥176,000
ストリートタイプ
 レーシング
30960
安心セット
基本セットにオイルクーラー(5段)をセットし、冷却万全のセットです

※ラジエターがストリートタイプの場合、オイルクーラーは9段となります
※ラジエターがレーシングタイプの場合、オイルクーラーは5段となります

ストリートサーモスタットクーラントオイルクーラー
 ストリート
30426
¥264,000
ストリートタイプ
+9段


レーシングタイプ
+5段
 レーシング
30961



オプションパーツ 同時装着で更なるパフォーマンスアップ!!  品番 税込価格
ラジエターフルブラック仕様
ラジエター本体、上下ステー、サイドステー、ラジエターネットをブラックにして納品できます
 30428 ¥24,200up
オイルクーラーフルブラック仕様
コア、オイルクーラーステー、サイドパイプ、フィッティング、バンジョーボルトをブラックにして納品できます
 30429 ¥27,500up
水温安定化サーモスタット
サーモスタット
  価格はこちら
高性能クーラント 4L

  価格はこちら
オイルクーラーレスバイパスキット
レーシングタイプのラジエター装着にオススメ!
オイルクーラーレスにするバイパスホースキット
 

価格はこちら

T型オイルラインキット
ヘッド回りの潤滑を促進するオイルラインキットです。
  価格はこちら
ナイトロレーシング ダウンチューブ&バックステップコンビネーションキットⅢ 
(シルバー/ブラック)
  ¥198,000


■その他 オプションパーツ

ラジエターキット
オプションパーツ

ラジエターキット
リペアパーツ


■効果について
●冷却能力はエンジンがノーマルの場合は真夏でも基本的に走行して風を受けている場合は
水温計の針が真ん中より上にいくことはほとんどありませんが、渋滞などでそれ以上水温が
上昇してきても200~300メートルほど風を受けて走行すれば見る見るうちに水温が
下がっていくのがわかるほどの能力があります。

●冬場に気になるオーバークールですがもともとどのバイクにも元から装着されている
サーモスタットという水温を一定に保つ温度感知バルブがついているため、その心配は無用です。
(きちんとサーモスタットさえつけておけば冬場でもラジエターの前にガムテープなどを張る必要なありません)

■取り付けに必要なもの
●車体の個体差によりアンダーステムのクランプボルトとラジエターがハンドルを切ったときに
干渉する恐れがあります。その場合は、切れ角調整プレート(¥6000)をご使用下さい。

●純正センターカウル、アンダーカウル、は取付不可です。

※ご注文の場合は、装着車両のマフラー及びサブフレーム、ダウンチューブの有り無しをお伝え下さい。
取り付けについて
1、ノーマルラジエターステーを取り外し、純正のラジエターを外します。純正のラジエターから
ファンと水温センサーをはずしてキットのラジエター本体に取り付けます。(ボルトオンです)

2、次にノーマルラジエターの上側とつながっていたラジエターホースを取り説にある図の様にカットします。
ノーマルラジエターについていた下側のホースは使わないのでキットに付属のホースと交換します。

3、あとはノーマルラジエターがあったところへキットのラジエターを装着し、アッパー、ロアホースを共に
クランプで締め付けます。

4、最後に水温センサーに配線をして完了です。  
※完全ボルトオン設計です


■タイプの違い 
ストリートタイプ

エンジンの排気量を今後
1000cc以上に上げる
予定がない
ストリートユース向き
レーシングタイプ

1000ccオーバー又は
オイルクーラーレスにする
予定がある
サーキットユース向き
ラジエターコアの比較
       左がストリートタイプ(400mm×295mm)       右がレーシングタイプ(400mm×335mm)



Copyright © 2001-2015 SPEC ENG. All Rights Reserved